歯科NEWS

2013年12月26日 木曜日

歯周病を呼ぶ10の生活習慣

第一三共ヘルスケア株式会社は、「歯周病リスクと生活の質に関する実態」を把握するため、全国の30~50歳の男女1355名を対象としてインターネットによるアンケート調査を実施した。今回、歯周病リスクの測定については、宝田恭子歯科医師が臨床経験から導き出した「歯周病を呼ぶ10の生活習慣」を、調査対象を選定する事前調査として活用。具体的には下記10項目のうち、当てはまる項目が少ない人ほど歯周病リスクが低く、当てはまる項目が多い人ほど歯周病リスクが高いとしている。

・食べ物はあまり噛まずに飲み込む
・飲み会から帰るとついそのまま寝てしまう
・はっきり言って野菜は嫌い
・猫背である、歩幅が小さい
・一日中お菓子やコーヒーが手元にある
・常にスマホをいじっている
・気づけば柔らかい物ばかり食べている
・慢性的に寝不足、寝つきが悪い
・今ブームの炭酸飲料とお酢ドリンクが大好き
・タバコがやめられない

上記10項目のうち、
当てはまるものが0→歯周病リスク(低)
        1→歯周病リスク(中)
2~4→歯周病リスク(高-)
5~7→歯周病リスク(高)
8~10→歯周病リスク(高+)

■歯周病と幸福感

 歯周病リスクの最も低い人(低)の62.5%、また、歯周病リスクが次に低い人(中)の59.9%が、「(自分のことを)幸せだと思う」と回答。一方、歯周病リスクが高+の人の26.9%、高の人の26.2%が「幸せだと思わない」と回答した。

■歯周病リスクと精神的ストレス
 
 歯周病リスク低の人のうち、「ストレスがたまっている」と回答した人は46.6%で、全体平均よりも20ポイント以上低い結果となった。一方、歯周病リスク高+および高の人では、8割以上が「ストレスがたまっている」と回答。

■歯周病リスクと疲労感

 歯周病リスク低の人のうち、「疲れを感じている」と回答した人は52.4%で、全体平均よりも20ポイント近く少ない結果に。一方、歯周病リスク高+の人の9割以上、また、高の人の8割以上が「疲れを感じている」と回答した。

■歯周病リスクと眠りの質と深さ

 歯周病リスク低の人のうち、「眠りの深さが良い」と回答した人は55.7%。また、「眠りの質が良い」と回答した人も49.8%で、どちらも全体平均よりも15ポイントほど高い結果となった。一方、歯周病リスク高+および高の人の5割以上が「眠りの深さ・質とも良くない」と回答した。

福岡市南区で歯周病治療なら重冨歯科医院へ

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福岡市南区・桧原・長住で歯科医院なら重冨歯科医院まで

福岡市南区・桧原・長住にお住まいで、虫歯・歯周病治療、インプラントや矯正、ホワイトニングなどお考えの方は、重冨歯科医院へ一度お越し下さい。

本来の歯のようにしっかり噛んで食事したい方、歯の見た目(歯を白くしたり、印象を変えたい)を良くしたい方など、歯に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡下さい。

重冨歯科医院 一般歯科・審美歯科・インプラント ご予約・お問い合わせはコチラ お問い合わせの際に「HPを見た」と言っていただければスムーズです 092-567-6633 診療時間 平日 AM  9:00~12:00 PM14:30~19:30 土 AM  9:00~12:00 休診日 日・祝祭日
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 口腔内カメラ
医院へのアクセスMAPはコチラ