歯科NEWS

2015年3月 3日 火曜日

おじいちゃんじゃなくてもクサい口臭。原因は口の中だけにあるわけじゃない!?

セクハラ、パワハラとともに注意したいのがスメハラ。いわゆるスメル・ハラスメントだ。文字通りニオイによる嫌がらせなのだが、セクハラやパワハラよりも、ある意味、性質が悪いのが、当人に迷惑をかけている自覚が少ないことだろう。

 特に、スメハラで注意が必要なのが口臭だ。口臭といえば、有名なCMのフレーズ「おじいちゃん、お口クサ~い」が思い出されるが、実は口臭の原因はさまざまで、例えば歯周病や虫歯、内臓の不調のほか、寝起きや過度の緊張で唾液が少なくなり、口の中の細菌が増えて臭うこともある。さらに最近は、若い人に増えてきていると見られる "スマホ型口臭"というのもある(詳しくは⇒http://nikkan-spa.jp/794477)。

 この"スマホ型口臭"の提唱者である中城歯科医院院長の中城基雄医師によれば、口臭の6割強は原因が口の中で、残りは胃などカラダの内部。体質からくるものだという。口の中が原因の口臭なら、マメな歯磨きなどでケアできるだろうが、胃からニオイが上がってくるとなると、対策は簡単ではないだろう。ニオイは元から断たなきゃダメ、なわけで。

 そもそも、なぜ胃と口臭は関係あるのだろうか? 中城医師によれば、例えば「ピロリ菌」のせいで胃壁が荒れていたり、胃潰瘍を患っていると、口臭につながるという。この「ピロリ菌」は30代で3割、50代以降では半数以上が保菌している胃疾患の原因菌のこと。この「ピロリ菌」が保菌者の胃壁を慢性的に荒らすことで、やがて胃炎や胃潰瘍になり、最後には胃ガンになってしまう可能性もあるという。名前のかわいらしさとは違い、「ピロリ菌」は実は怖ろしい菌なのだ。もちろん保菌者全員が胃ガンになるわけではない。しかし、胃ガン患者のほとんどは「ピロリ菌」保菌者だ。

 このように口臭の原因だけでなく、最悪は胃ガンというリスクもある「ピロリ菌」だが、対策がないわけではない。例えば、LG21 乳酸菌を摂取し続けることで、「ピロリ菌」の数を減らすことができ、かつ胃の炎症を改善することもできる。なぜなら、LG21乳酸菌は胃酸への抵抗力が強く、胃内滞在性に優れているからだ。

 また、「ピロリ菌」を完全に除菌するためには、抗生物質による除菌治療が不可欠なのだが、その際に除菌治療の治療開始3週間前からLG21乳酸菌を摂取し続けることで、通常は成功率約70%の除菌治療が、約80%にまで上昇したという試験結果もある。なお、「ピロリ菌」の感染経路は経口感染のみ。しかも幼少期に限られている。念のため、親が胃ガン経験者だったり、「ピロリ菌」保菌者の場合は、検査を受けてみたほうがいいだろう。

 口臭トラブルで周囲に迷惑をかけるのもイヤだが、ほっといて胃ガンになるのもイヤ。口臭トラブルの対策を考える際は、マメな歯磨きだけでなく、胃の状態を良好に保つLG21乳酸菌にも注目してみてはどうだろうか? <文/日刊SPA!取材班>

福岡市南区で歯科医院なら重冨歯科医院まで


カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福岡市南区・桧原・長住で歯科医院なら重冨歯科医院まで

福岡市南区・桧原・長住にお住まいで、虫歯・歯周病治療、インプラントや矯正、ホワイトニングなどお考えの方は、重冨歯科医院へ一度お越し下さい。

本来の歯のようにしっかり噛んで食事したい方、歯の見た目(歯を白くしたり、印象を変えたい)を良くしたい方など、歯に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡下さい。

重冨歯科医院 一般歯科・審美歯科・インプラント ご予約・お問い合わせはコチラ お問い合わせの際に「HPを見た」と言っていただければスムーズです 092-567-6633 診療時間 平日 AM  9:00~12:00 PM14:30~19:30 土 AM  9:00~12:00 休診日 日・祝祭日
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 口腔内カメラ
医院へのアクセスMAPはコチラ