歯科NEWS

2016年1月 4日 月曜日

社会的格差は「歯」に現れる:米英の比較調査

米国と英国の歯科衛生調査を比較した研究から、米国人は、英国人よりも白い歯が少なく、歯の本数もやや少ない傾向があることが明らかになった。さらに、社会経済的地位が低い米国人は、英国人よりも口腔衛生状態がかなり悪いという。

このデータは、英国医学誌『The BMJ』誌が毎年発行している、気軽に読めるクリスマス号で公表されたものだ。この記事を読んだ英国人は、歯を黄ばませるとされる紅茶を飲みながら、自己満足の笑みを浮かべるかもしれない。

ただし、この研究結果には、虫歯の穴のように抜け落ちている部分がある。歯の痛みや働き、歯についての悩みがあるかどうかを尋ねたところ、英国人のほうが多くの問題を自己報告したのだ。

また、歯に関する美意識や、「親知らず(智歯)を抜く慣例」の比較に関するデータもない。親知らずを抜く慣例の有無によって、欠けている歯の本数にズレが生じる可能性がある。

研究チームは、米国と英国で行われた、25歳以上の成人を対象にした歯の調査に注目した。この分析には、学歴や所得が考慮に入っている。学歴による口腔衛生の比較については、英国での8,719件の調査と、米国での9,786件の調査に着目。所得による比較については、英国での7,184件の調査と、米国での9,094件の調査が対象だった。


全体的に見ると、米国人は、英国人よりも白い歯が少なく、欠けている歯の平均本数は、英国の6.97本に対して7.31本だった。僅差に思えるが、これは統計的に有意な差だった。

研究チームが、学歴と所得層に注目してデータを調べたところ、米国人は英国人と比べて、社会経済的地位が低い層の口腔衛生状態が非常に悪かった。論文執筆者は、口腔衛生に対する所得と学歴の影響が米国において大きいのは、歯科治療が公的な健康保険の対象外だからだと考えている。英国では、ほとんどの歯科治療に国民保健サービス(NHS)が適用される。

論文執筆者は、結論として次のように述べている。「通説に反して、米国人の口腔衛生状態が英国人よりもいいわけではないことが、研究から明らかになった」

福岡市南区で歯科なら重冨歯科医院まで


カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福岡市南区・桧原・長住で歯科医院なら重冨歯科医院まで

福岡市南区・桧原・長住にお住まいで、虫歯・歯周病治療、インプラントや矯正、ホワイトニングなどお考えの方は、重冨歯科医院へ一度お越し下さい。

本来の歯のようにしっかり噛んで食事したい方、歯の見た目(歯を白くしたり、印象を変えたい)を良くしたい方など、歯に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡下さい。

重冨歯科医院 一般歯科・審美歯科・インプラント ご予約・お問い合わせはコチラ お問い合わせの際に「HPを見た」と言っていただければスムーズです 092-567-6633 診療時間 平日 AM  9:00~12:00 PM14:30~19:30 土 AM  9:00~12:00 休診日 日・祝祭日
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 医院内観
  • 口腔内カメラ
医院へのアクセスMAPはコチラ